FASHION(繊維/流行)GUIDE.JP

[東京丸の内] 丸ビルと新丸ビル

 
 
東京駅西口にある三菱地所による似た名前の2つの建物、
  • 丸ビル
  • 新丸ビル
の特徴や面積、歴史、ターゲットなどの違い比較情報。
 

 


http://www.marunouchi.com

三菱地所、丸の内商店会などが運営

三菱地所公式サイト

 

 
 

 
[補足情報]

  • このページはビル全体ではなく、基本的に下層の商業施設エリアの比較情報です。
  • Googleマップやストリートビューを見ながらこのページをみると、よりよく位置関係がわかると思います。

 
 
 
 
 
 
 

丸ビル(丸の内ビル/丸の内ビルディング)

 
 
 
「丸ビル」とは、
JR東京駅西口を降りて、すぐの場所にある2つの丸ビルのうち、
左側(方角としては南側)にあるほうの建物。
 
三菱地所公式サイトやヤフー辞書などによると、
1923年に建築された丸の内ビルヂングがもとになっていて、
1990年代末に旧建物が解体されて2002年に現建物がオープンし、今に至っているそうです。
 
そして、名前通りとても高いビルの下のほうの階層にお買い物/お食事エリアが存在するという構図。
(地上35F/36Fの高層にも空中レストランゾーンあり)
 
テナントとしてはレストランと衣料(主に女性衣料)が2大テナントで、
全体的には30代以上くらいの富裕層をターゲットにしているような印象。
 
ただし、ロフトや書店といった若者でも立ち寄れるようなテナントも一部あり。
 
 
 
 
 
[三菱地所公式サイトでの施設説明文]
「アクティブで洗練された大人たちのための丸の内スタイル」
丸の内初のビジネス・商業を融合した大規模複合ビル。
商業ゾーンではショッピングやグルメ、カルチャー、エンターテイメントなどの新しい"丸の内スタイル"を提案。
 
 
 
 
 
 
 

新丸ビル

 
 
「新丸ビル」とは、
 東京駅西口において、既存の丸ビルの道を挟んだ北側の立地に
三菱地所が2005年に着工して2007年4月に新たにオープンさせた建築物。
 
こちらも建物自体はかなり高層で、その下のほうの層に商業施設エリアがあるという構図。
 
テナント構成をフロアマップで分析・比較してみたところ、
南側の丸ビルと比較して、そんなに大きな特徴の違いはないものの、
こちらのほうが少しだけターゲット年齢層が広く、
20代くらいの丸の内OL層もある程度ターゲットにしている印象。
 
 
 
 
[三菱地所公式サイトでの施設説明文]
「丸の内に生まれる上質なとき "素敵な時間"」
商業ゾーンは個性とホスピタリティ溢れる店舗を集積。
"不変性"、"時代性"、"先進性"を感じる上質な商品やサービスを提供。
 
 
 
 
 
 

丸ビルと新丸ビルの違い比較

 
 
両ビルの敷地面積は地図で見る限りではほぼ同じ大きさ。
 
 

 

 

丸ビル

(丸の内ビルディング)

新丸ビル
完成年度

 

[現建物]

2002年

 

[旧丸の内ビルヂング]

1923年

 

2007年

となり合う2館において

どちらが北側で、

どちらが南側か?

南側

北側

商業施設

エリア層

 

地下1F

地上1-6F

地上35F/36F

 

地下1F

地上1-7F

 

*高層エリアなし

主なテナント

ジャンル

 

女性衣料

衣料セレクトショップ

書店

生活雑貨

レストラン

グルメ

 

女性衣料

男女カジュアル衣料

衣料セレクトショップ

コスメ

レストラン

グルメ

推定ターゲット

 

■30代以上くらい

■富裕層向け

 

20代以上くらい

 

 

 

 

 


 
 
 

 

[用語集カテゴリ]

 
 
[各種ショッピング情報]

 
 
特定ブランド関連用語(住/生活分野)