FASHION(繊維/流行)GUIDE.JP

ロハス(LOHAS)とスローライフ

 

ロハス(LOHAS)とは?

 
lohas
Lifestyles of Health and Sustainability
 
 
 
ロハス(LOHAS)とは、
「Lifestyles of Health and Sustainability」の略。
"ローハス"と呼ばれる場合もあり。
 
 
難しい単語をみていくと「サステナビリティー(Sustainability)」とは、
「持続可能な」というような意味で、つなげると、
 
「健康的で持続可能なライフスタイル」というような意味合い。
「健康や環境問題を重視するライフスタイル」という風に訳されている例もある。
 
 
 
定義がいまいちはっきりしないものの、
環境問題や自身の健康を意識し、
 

  • 生活に運動を取り入れる
  • 自分にも地球に優しい無農薬のオーガニック食品を食べる
  • 環境に優しいハイブリッド車を利用する
  • 省エネ住宅に住む
  • 自然エネルギーを利用する
  • 買い物の際はなるべく環境に良い商品を選ぶ

 
 
こういった事例が「ロハスなこと」とされる。
(定義があいまいなため、具体的な例は間違っていたら少し修正させていただく場合があります)
 
 
 
 
1990年代後半あたりに、環境や健康を意識する人の消費をビジネスにつなげるための
マーケティング用語としてアメリカで誕生したと言われ、
2000年代半ばあたりから、日本でも「ロハス」を提唱する雑誌「ソトコト」が創刊されるなど、
少しずつ日本でもビジネス性を伴いながら「ロハス」という言葉や概念が定着しつつある。
 
 
 
 

スローライフとは?

 
slow life
 
 
 
効率をスピードを意識して、忙しく時間に追われながら生活するのではなく、
「余裕をもって、もっとゆっくりとしたペースで人生を送ろう」というような提案、
もしくはそういったゆっくりとしたペースのライフスタイルの事。
 
和製英語とされ、日本においては1990年前半のバブル崩壊後、
厳しい状況の中にあっても無理にでも売上を伸ばそうとしたためか(?)、
効率やスピードが重視されるようになっていったという状況の中から提唱されるようになっていった模様。
 
 
 
[対義語:ファストライフ(fast life)]
効率やスピードを重視する生活の事。
 
 
 
*健康や環境問題が関連する「ロハス」と比べ、
こちらは「時間」が関係してくるワードのようですが、
より詳しい概念に関してはまだわからない部分もあるため、
さらに詳しい情報は他の資料をご参照ください。
 
 
 
 
関連団体
NPO法人「スローライフ・ジャパン」・・・・・概念に関する情報あり、