FASHION(繊維/流行)GUIDE.JP

[ストライプインターナショナル] KOEとKOEトムブラウン

 
 
 
(株)ストライプインターナショナルが
ユニクロのようなブランドにしていくことを目標にしている世界戦略ブランド「KOE」と
同社のグループ企業であるトムブラウンとの協業ブランド
「KOEトムブラウン」では価格帯やターゲットなど
どんな違いがあるのかをまとめたページです。
 
 
 
ストライプインターナショナル
 
 
 
 
 
 

KOEとは?

 
 
「KOE(こえ)」とは、
アースミュージック&エコロジーなどでおなじみの
ストライプインターナショナル社(旧クロスカンパニー社)が2014年秋にスタートした
欧米進出を目指し、2020年に1000億円、将来的には全世界1兆円を目指すことを表明している、
ユニクロ同様の大型日本発祥ブランド。
 
既存のSPAブランドと比較し、
"フェアサプライ"がコンセプトで人や地球環境に優しいブランドであることが特徴であるそうです。
 
 
 
2014年9月にクロスカンパニー社の本拠地である岡山に1号店がオープン。
 
出店先はユニクロ同様に路面店とショッピングセンター内で
中心価格帯は3000円から5000円くらい。
 
なお、国内で地盤を固めたのち、欧米進出は2020年以降になるそうです。
 
 
 
 
 
[従来の低価格系ブランドとの違い]
「フェアサプライチェーン」をコンセプトとして大きく掲げており、
地球環境への負荷をできる限り抑制し、また生産段階での労働環境・人権問題にも配慮し、
フェアに生産をしていくことで、クオリティの高い製品を生み出していくことを目指しており、
素材選びに関しても、リアルファーやリアルレザーは使わないことや、オーガニックコットンを推奨するなど、
動物の生態系や自然環境を壊さないことを考慮し、 素材選びをしていくことを掲げている。
 
 
 
[会社HPでのブランド説明]
グローバル戦略新ブランドKOE(コエ)を2014年秋に立ち上げます。
KOEは、当社では初となる欧米進出を見据え、世界から支持されるブランドとして、
ファッション業界でも先駆的なフェアサプライチェーンに取り組むブランドです。
「着る人も、つくる人も、幸せになる服」を提供します。
 
"Mode for everyone"をコンセプトに
「モードなのに着心地がいい」
「モードなのに気軽に着れる」
「モードなのに動きやすい」
「モードなのにリーズナブル」
「モードなのにファミリーライン充実」な服を提供していきます。
 
 
[SEVEN DAYS SUNDAYとの違い]
同社のファミリーブランド「SEVEN DAYS SUNDAY」とは、
あらゆる世代対象の低価格ブランドという点ではかぶるものの、
SEVEN DAYS SUNDAYというブランドはグローバルブランドではなく、
一般的な国内展開ファミリーブランド。
(グローバルワークあたりが主な競合)
 
 
 
[公式通販リンク]

  • KOE通販 直営通販
  • KOE通販 ZOZOTOWN

 
 
 
 
 

KOEトムブラウン(KOE THOM BROWNE)とは?

 
 
KOEトムブラウン(KOE THOM BROWNE)とは、
ファーストリテイリング同様に今後グローバルな事業展開を目指している
ストライプインターナショナル社(旧クロスカンパニー)による、
同社のグループ内企業・ブランドである世界的ブランド
「THOM BROWNE」
とのグループ内協業ブランド。
 
今まで、この会社のグループ内にアメリカのトムブラウン社はありつつ、
グループ内のコラボはなかったものの、今回が初めての協業になるようです。
 
 
価格帯は幅広くてはっきりとはわからないものの、
ユニクロUより高めの5000円から3万円くらいになる模様。
ただし、トムブラウンブランドの高い商品に比べると低価格であるそうです。
 
 
 
 
[キーモチーフの"KOE DUCK"つにいて]
キャラクターブランド的な意味合いもあるらしく、
公式プレスリリースでは、"KOE DUCK"というアヒルがキーモチーフとして説明されていて、
すべての商品ではないものの、大部分の商品にこのアヒルが何らかの形で登場するようです。
 
 
 
KOE公式サイト
KOE THOM BROWNE公式サイト
 
 
 
2016年秋頃から直営通販やZOZOTOWNで販売されるそうです。
KOE実店舗での販売に関しては情報なし。
 
なお、ずっと続いていくブランドであるのか、
一時的に販売されるだけのブランドであるのかは今のところ不明。
 
 
 
 
[ストライプ社HPでのこの事業に関するトムブラウン氏のコメント]
良いコラボレーションは、確立した者同士の結婚のようなもの。
今回のコラボレーションは、その「完璧な結婚」の形です。
私が参加したことで、アメリカの美的部分や初期の東海岸にあったプレッピーの美学と、
若々しい日本人デザイナーが融合した新しい世界観を楽しんでいただけると思います。
 
 
 
 
 
 

ユニクロUとKOEトムブラウンの違い比較

 
 

 

 

項目 KOE KOEトムブラウン
 カテゴリ カジュアルブランド

 

カジュアルブランド

低価格デザイナーブランド

キャラクターブランド

 

誕生 2014年 2016年秋

デザイナー

(ディレクター)

 

デザイナーチーム

 

 

トム・ブラウン

+アルファ

 

ストライプ社がどのように

関わっているかは不明

 

対象性別

男女

子供

男女
ターゲット

 

[大人]

30代から40代くらい

 

公式情報なし

価格帯

(ニュース情報)

3000円から

5000円くらい

 

5000円から

3万円くらいのようです

 

安いものに関しては

KOEの価格帯と変わりなし

 

キーモチーフ

-

 

KOE DUCK

 

大体の商品に

アヒルのモチーフが

なんらかの形で登場

 

販路

 

 

直営店

各通販サイト

 

 

直営通販

ZOZOTOWN

 

実店舗は不明

 

 

 

 

アース ミュージック&エコロジーの経営学【電子書籍】[ 石川康晴 ]

ストライプ社の石川社長の著書

 

 

 


 
 
 
 
 

 

[用語集カテゴリ]

 
 
[各種ショッピング情報]

 
 
同一ブランド用語(衣)