FASHION(繊維/流行)GUIDE.JP

「KENZO」と「KENZO LA COLLECTION MEMENTO」

 
 
既存の「KENZO」と、
KENZOが2017年に新規スタートした新ライン
「KENZO - LA COLLECTION MEMENTO(ラ・コレクション・メメント)」
の歴史や意味合い、特徴、ターゲットなどの違い比較。
 
 
 
 
 

「ケンゾー(KENZO)」とは?

 
 
「KENZO」というパリのブランドとは、
日本から1960年代に渡仏した日本人デザイナー・高田賢三氏が創設した、
1970年代からパリコレに参加してきたブランド。
LVMHグループに買収され、1999年代末に創業者が退任してからは何度かデザイナーが交代。
 
 
そして、2016年までは

  • パリコレクション(ウィメンズ・プレタポルテ部門)
  • パリコレクション(メンズ部門)

の2部門両方に別々に参加していたが、
ニュース記事によると2017年からウィメンズ・プレタポルテ部門からは撤退し、
パリコレのメンズ部門に参加して、そこで男女統合ショーを開催する形に変更。
 
 
2010年頃からはオープニングセレモニーというセレクトショップの創業者である
アジア系デザイナー2人がデザイナーに。
 
 
 
 
 
 
 

「KENZO - LA COLLECTION MEMENTO(ラ・コレクション・メメント)」

 
 
 
パリのブランドであるKENZOの新ライン
「LA COLLECTION MEMENTO」とは、
2017年から男女統合してパリコレのメンズ部門に参加する形になったため、
プレタポルテ部門からは撤退される事となったKENZOが、
KENZOというブランドに替わり、
今後、新たに継続的にパリコレ・プレタポルテ部門に参加していくことが判明した新ライン。
 
 
具体的には、いまいちわからない部分もあるものの、
ニュース記事によると、
「高田賢三氏の功績をより讃え、アーカイブにフォーカスしたカプセルコレクション(ミニコレクション)」
「高田賢三のアーカイブを再現」
「既存のKENZOより、より強くブランドのDNAを継承」
といったように説明されていて、
創業者の高田賢三氏の作風に強い敬意を示した、
現在のKENZOとは別の過去のアーカイブ系ミニラインであるようで、
創業者が会社に復帰したわけではないものの、創業者によるKENZOブランドに近いというもの。
 
 
オンライン直営通販では取り扱いがないので価格帯は不明で、
日本での取り扱い情報も今のところ不明。
 
 
 
 
 
 

「KENZO」と「KENZO LA COLLECTION MEMENTO」の違い比較

 

 

項目 KENZO

KENZO MEMENTO

(KENZO LA COLLECTION MEMENTO)

位置づけ メインブランド 

高田賢三氏の過去作品に

フォーカスした新ブランド

ブランド規模 大規模

小規模

設立 1970年頃

2017年

対象性別 男女  男女 
参加コレクション

パリコレクション

メンズ部門

(男女混合形式) 

パリコレクション

ウィメンズプレタポルテ部門

(男女混合形式) 

ショー規模 大規模 

小規模会場での開催

(今後は変わる可能性あり) 

 

 

 

 


 
 
 
 
 

 

[用語集カテゴリ]

 
 
[各種ショッピング情報]

 
 
同一ブランド用語(衣)