FASHION(繊維/流行)GUIDE.JP

フリーサイズ

 
 
このページは、巷でよく使われるサイズ用語ながら
いまいちはっきりしない言葉でもある
 
「フリーサイズ」
 
の意味や定義や実情、
 
そして、「ワンサイズとはどう違うのか?」といった情報をまとめたページです。
 
 

フリーサイズとは? - 元来の意味

 
 
いわゆる
「フリーサイズ」とは、
元来の意味としては、ゆったりとした商品や織物ではないニット商品など極めて伸縮性の高い商品のため、
際立って太っていたり筋肉がすごかったり身長高すぎなどの場合を除いて、
ある程度、通常の体型の人であれば誰でも着られるような商品に対して付けられるサイズ表記のようなもの
 
その他、帽子商品でよくあるように、
後ろ側で何らかの形で着用者がサイズをいじれるものも含む。
 
 
 
*なお、google翻訳で訳そうとしたところ、うまく訳せないため、
英語圏にて「free-size」という概念があるの分からず、和製英語の可能性あり。
 
 
 
 
 

フリーサイズ商品が存在する主な商品

 
 
 
[ゆったり系、もしくは伸縮性高いのでフリーサイズであるタイプのもの]

  • アロハシャツ・・・・・主に男性向けのゆったり系シャツ
  • レインコート(ポンチョ)
  • ブラウス・・・・・ゆったりとしたデザインの女性トップス商品の代表格
  • ニットウェア(カーディガンなど)
  • バスローブ(ガウン)
  • 甚平
  • 寝間着(パジャマ)
  • アンダーウエア(トランクスなど)
  • マフラー
  • レッグウォーマー
  • リストバンド
  • アイマスク

 
*基本的に織物は伸縮性が低く、編み物(ニット)はもれなく伸縮性が高い。
 
 
 
 
[着用者がサイズ調節できるタイプのフリーサイズ商品]

  • キャップ
  • ベルト
  • 腕時計

 
 
 
 
 
 
 

フリーサイズとは? - 現代におけるもう一つの意味合い/実情

 
 
元来の意味通り、
「ゆったりとしたデザインのもの」
「伸縮性が極めて高いもの」
に対してサイズを分ける必要がないため、「フリーサイズ」として販売されるものがある一方で、
 
逆に誰でも着られるわけではないのに、
何故か「フリーサイズ」として販売しているものが多い日本のレディースブランドなどが多数存在。
 
 
これに関しては、ニュース記事などによると、
「フリーサイズと名乗るための条件はなし」
という事実があるため、
フリーサイズと名乗るのはメーカー側の自由のため、
ただの「ワンサイズ」商品であるものの、
ワンサイズと書くと顧客満足度などを無視している、
製品作りをサボっているというイメージがつくのがなのかなど詳しい理由はわからないものの、
 
「複数サイズを作ると在庫リスクが増える」
 
といった理由により、
顧客ターゲット(体型,年齢など)を絞ってワンサイズだけ商品を作り、
それにどういうわけか「フリーサイズ」と表記して販売するブランドが多い傾向があるようです。
 
*フリーサイズ勝訴品中心のレディースブランドでも、
ジーンズなどのパンツ商品に関してのみはさすがに数種類のサイズを用意しているケースが多いようです。
 
 
[解決策]
フリーサイズという表記の使い方に関して、
国や公共的な機関が厳しい制限を設けない限り、多分この風潮はなくならなそうな雰囲気あり。
 
 
 
 
 
 
 

何故ワンサイズ商品にフリーサイズと表記するのか?

 
以下はあくまで予測です。
 
ワンサイズと表記すると以下のようなデメリットがあるため、
フリーサイズと表記しているブランドも中にはある可能性あり。
 
ワンサイズと表記すると・・・・・
 

  • (前述通り)顧客満足度、顧客目線などを無視しているイメージが付く可能性がある
  • (前述通り)製品作りをさぼっている、手抜きしているイメージが付く可能性がある
  • ワンサイズと書くよりフリーサイズとしたほうが、とりあえず来店して試着まではしてもらえる可能性がある
  • 試着してその人に合わなかったとしても別の商品やバッグ・小物などを買ってもらえる可能性がある

 
 
 
 

ワンサイズとは? - フリーサイズとの違い

 
ワンサイズとは、
なかなか公式的な情報は見当たらないもののの、
 
基本的には
メーカー側が複数サイズを用意するつもりがないものにおいて、
 

  • 伸縮性がない
  • デザインがタイトなので着られる人の幅が狭い

 
といった理由により、
「フリーサイズ」
と名乗るのは問題があるものに対して付けるサイズ表記、といったところ。
 
 
なので、
日本や海外のブランドで、
実質的にはブランド側がイメージする顧客層しか着られないのに、
なぜか「フリーサイズ」と名乗っているものは、
例えばサイズに関する厳しい規定があった場合は表記違反になるものと思われます。
 
 
 
 
 
 

[用語集カテゴリ]

 
[各種ショッピング情報]

 
 
[衣料系用語(繊維/服飾)]