FASHION(繊維/流行)GUIDE.JP

【対義語】 デフレとインフレ

 

デフレ(デフレーション)とは?

 
ユニクロやニトリなどの業績が目立つようになり、
それらの企業が
 
"デフレの勝ち組"
"デフレの元凶"
 
など、良い意味や悪い意味で色々と報道されるようになり、
お茶の間でも一気に定着した単語。
 
正しくはデフレーション(deflation)の略。
 
 
 
【意味】
供給過剰などの需給関係悪化などにより、
物価が継続的に下落すること、というような意味。
 
 
 
 
[関連用語:デフレスパイラル]
deflationary spiral
 
物価が下落することにより景気が悪くなり、
企業業績の悪化によって国民の平均的な所得が下がり、
さらなる物価下落につながる、
こういった悪循環が繰り返される現象のこと。
 
 
 
 
 

インフレ(インフレーション)とは?

 
デフレの対義語。
 
物価が継続的に上昇する現象・局面のこと。
そして、それによって紙幣価値が下がること。
発生原因により、いくつかのタイプに分類される。
 
正しくはインフレーション(inflation)の略。
 
 
 
[インフレの主なタイプ]

  • 景気上昇によって需要量(欲しい人の数)が供給(売る側)量を上回ることによって起こる物価上昇(インフレ)
  • 原料や賃金などの値上がりによっておこるインフレ
  • 紙幣の大量発行によるインフレ(戦後の国などで起こる)

 
*その他の様々なタイプは難しいため、他の詳しい資料をご参照ください。
 
 
 
 
 
[関連語句:スタグフレーション]
stagnation(停滞) + inflationから成る造語。
景気が低迷しているにも関わらず、物価は上昇を続ける状態を示す。
(通常だと景気が減退すると需要の低下によって物価は下がる)
 
スランプフレーションという呼び方もあり。
slumpとは不景気というような意味。
 
 
 
 
 

[用語集カテゴリ]

 
[各種ショッピング情報]

 
 
[衣料系用語(繊維/服飾)]