FASHION(繊維/流行)GUIDE.JP

クールビズとウォームビズ

 

クールビズとは?

 
 
クールビズ(coolbiz)とは、
環境省が推奨する、夏向けの涼しめの装いのこと。
2005年からオフィスにて取り入れられている。
 
 
具体的には、
 

  • ノーネクタイ
  • ノー上着(ジャケット)

 
のシャツ姿での勤務が基本で、
これにより、エアコン(クーラー)の使用量を減らし、Co2を削減することが狙い。
 
ノーネクタイ、ノージャケットという薄着の程度に関しては、
"冷房28度で快適に過ごせる服装"ということから決まったと言われる。
 
 
 
 
[クールビズの歴史]
 
京都議定書にて日本はCo2削減に取り組まなければならなくなったのが起源といわれ、
なかなかCo2削減は難しい中、簡単にできそうなこととして、
薄着をすることにより、夏季のクーラーの使用量を減らしてCo2を減らそう、というところから誕生。
 
 
名称に関しては公募で行われ、「省エネルック」などの候補をおしのけ、
2005年に「クールビズ」という名称に決定。
(涼しい[cool]とビジネス[business]から成る造語。COOLにはカッコいいという意味もあり)
 
年末には、流行語大賞のトップテンにも入選し、
当時の環境大臣だった小池百合子氏が受賞者として表彰式に出席。
 
 
 
 
 
 

ウォームビズとは?

 
ウォームビズ(WARMBIZ)とは、
 
こちらも環境省推奨の秋冬向けに推奨するオフィス服装のことで、
クールビズとは反対に、寒い冬季にオフィス内で厚着をすることにより、
暖房器具使用による電力エネルギーを減らしてCo2を削減しようという運動のこと。
 
具体的な暖房の温度に関しては20度を推奨。
この環境でも快適に働ける服装を提案しており、
厚手のスーツ、ベストなどの着用が有効な対策。
 
 
*暑い場合は対策として薄着をするしかないが、
寒い時に体感温度を上げる技術・工夫は色々とあるほか、
繊維技術も年々進化しているため、
クールビズのように明確な服装の指定はない模様。
 
 
 
 
 
[ウォームビズの歴史]
 
2005年夏スタートのクールビズに続いて2005年秋にスタート。
 
 
 
 
 
環境省HP
http://www.env.go.jp/
 
 
 
 

[用語集カテゴリ]

 
[各種ショッピング情報]

 
 
[衣料系用語(繊維/服飾)]