FASHION(繊維/流行)GUIDE.JP

緑黄色野菜(有色野菜)

 

緑黄色野菜(有色野菜)とは?

 
有色野菜= 英語で「colored vegetables(by google翻訳)」
緑黄色野菜= 英語で「Green and yellow vegetables(by google翻訳)
 
 
緑黄色野菜(別称=有色野菜)とは、
色のうすい野菜とは違って野菜自体の色素の色が濃い野菜のこと。
 
主な特徴は、
カロテンという色素(栄養素)を豊富に含む点や、ビタミンを多く含む点。
 
 
一目見て緑黄色野菜とすぐわかるものから、
色うすめながら特例として緑黄色野菜とされている例外的なメジャー野菜もあり。
 
 
トップモデルの中でも、
スムージー、手作りジュースに緑黄色野菜を混ぜて上手に摂取している人あり。
 
 
 
 
 
[緑黄色野菜と淡色野菜の違いとは?]
フルーツジュースでおなじみのDole公式サイトのコラムによると、
カロテン含有量が可食部100gあたり600μg以上あるものが緑黄色野菜に該当するそうです。
また、例外としてトマトやピーマン、アスパラガスは基準以下であるものの、
食べる頻度が多いメジャーな食材のため、
カロテンの補給源として有力なので、特例的に緑黄色野菜としてみなされているそうです。
 
 
 
 
 
 

緑黄色野菜に分類される野菜一覧

 
 

  • ほうれん草
  • かぼちゃ
  • にんじん
  • 春菊
  • ニラ
  • ブロッコリー
  • 大根の葉・・・・・実の部分は淡色野菜扱い
  • 長ネギの青い部分・・・・・下のほうの部分は淡色野菜扱い

 
など。
 
 
あまりおいしくはない野菜が多いものの、
クックパッドなどを見てうまく調理すればおいしく食べることが可能。
(できる限り栄養素を逃がさない調理方法は詳しい他の資料をご参照ください)
 
 
トップモデルさんの中ではミキサーにかけてジュースに含めたり
スムージーの形で摂取している人も多数。
 
 
 
 
 
 
[例外的に緑黄色野菜扱いされているメジャーな野菜(DoleHP参考)]

  • トマト
  • ピーマン
  • アスパラガス

 
 
 
*判明している限りの情報です。
新たにリストに何かの野菜が加わる場合があります。
 
*野菜によっては、部位により淡色野菜の部位と緑黄色野菜の部位両方が存在する野菜もあり。
 
 
 
 
 

緑黄色野菜とは逆に淡色野菜に分類される主な野菜リスト

 
 

  • キャベツ
  • 白菜
  • レタス
  • 大根の実の部分
  • 長ネギの白い部分
  • もやし
  • れんこん
  • 玉ねぎ
  • △ナス・・・・・未確定ながらこちらは実は白系のためか淡色扱いのようです
  • △きゅうり・・・・・未確定ながらこちらも実は白っぽいためか淡色扱いのようです

 
 
 
*例外はあるものの、
カロテン含有量が基準以上のため緑黄色野菜に分類される野菜以外すべてが淡色野菜扱いになるようです。
    
 
 
 
 
 
[以下は今のところどちらに分類されるか不明]

  • 枝豆
  • セロリ・・・・・こちらは多分淡色
  • パセリ・・・・・こちらは色が濃いのて微妙

 
 
 
 
 
 

ビタミン含有情報

 
 
農林水産省HPでも、ビタミン含有食材の代表格として
フルーツとレバーと共に名前が挙げられているほど、
緑黄色野菜はビタミンが豊富な食材。
 
 
 
 
[緑黄色野菜が多く含んでいるビタミンの種類]
 

  • ビタミンA・・・・・抗酸化作用や成長促進作用あり
  • ビタミンB1・・・・・疲労回復などに効果あり
  • ビタミンB2・・・・・成長促進作用あり
  • ビタミンC・・・・・抗酸化作用を持つ
  • ビタミンE・・・・・高い抗酸化作用をもつ
  • ビタミンK・・・・・骨を丈夫にする