FASHION(繊維/流行)GUIDE.JP

ココナッツ

 

ココナッツとは?

 
 
 
coconut
 
 
「ココナッツ(ココナツ)」とは、
ヤシ科の植物「ココヤシ(ココ椰子)=coconut palm」の実のこと。
フィリピンやインド、インドネシアが主要な産地。
 
*nutとは"木の実"というような意味。
*他の木の実(nut)と比べると圧倒的に一つ一つの実が大きい。
*大体の植物は、木と果実と呼称が同じであるもののココヤシにおいては木と実で呼称が違うといった具合。
 
 
 
 
[もう一つの意味合い]
ココナッツとはココヤシの実のことを表すと共に、
ココナッツの実の一番中の皮の内側には白い脂肪層があり、
この固まった脂肪層(果肉)のこともココナッツと呼ばれる場合あり。
 
 
 
[スーパーフードとしての需要]
最近はいわゆるスーパーフードの代表格として健康分野美容分野からも注目されており、
胚乳を乾燥させたもの、ココナッツミルク、ココナッツウォーター合わせて
「ココナッツ」として日本スーパーフード協会HPでも
プライマリースーパーフード10という主要スーパーフード10種の一つにも数えられている。
 
 
 
[コプラ]
胚乳を乾燥させたもの。
(ココナッツとの詳しい概念の違いは整理中)
 
 
■人気ユーチューバーSeikinさんのチャンネル内のココナッツの実の内側がわかる映像

 

 
 
 
[coconutの英語での定義(by google翻訳)]
the large, oval, brown seed of a tropical palm,
consisting of a hard shell lined with edible white flesh and containing a clear liquid.
It grows inside a woody husk, surrounded by fiber.
 
*直訳すると、
「大、楕円形、熱帯のヤシの茶色の種子、
食用の白い肉が並ぶハードシェルからなり、透明な液体を含みます。
これは、繊維に囲まれた木質の殻の内側に成長します。」
 
 
 
 
 
 
 
 

ココナッツミルクとは? - 果肉から作るミルク

 
 
coconut milk
 
 
ココナッツではなく
「ココナッツミルク」という言葉となると、
ココナッツの実の中の胚乳(果肉)を絞って採取するミルク状の液体のこと。
 
 
日本でも関連飲料が多数あり。
その他、牛乳と同じように料理にまろやかさを付与するために、
汁系の料理に混ぜて利用されたりしている。
 
飲み物のイメージがあるココナッツウォーターとは違い、
こちらは料理関連の液体のイメージで、主に缶詰の形で市販されている。
 
 


 
[ネスレHPでのココナッツミルクの説明]
ココナッツミルクとは、熱帯地方原産のココヤシの果実のココナッツから作られるミルク状の液体のことです。
ココナッツは熟すると果肉の胚乳部分の液体分がなくなり白い脂肪層に変化します。
この白色脂肪層を細かくすりおろし、水を加えて絞って作られます。
 
 


 
 

ココナッツウォーター(透明) - 天然のスポーツドリンク

 
 
ココナッツウォーターとは、
キリン・トロピカーナHPによると、
「まだ硬いココナッツの中にあるサラッとした透明な液体」という説明。
成分的にはカリウムを豊富に含み、体のむくみをとってくれる効果があるといわれる。
 
 
そして、100%ヤシの実から作られたココナッツウォーターを
よく愛飲していることで知られるモデルの大屋夏南さんのブログによると、
「多くのミネラルや電解質を含み、栄養豊富で、
身体とほぼ同じ浸透圧だから天然のスポーツドリンクとも言われてる」
とのことです。
 
 
[ココナッツウォーターを飲むことで得られる主な効果、メリット]

  • 体のむくみがとれる
  • 通常のスポーツドリンクより低カロリー

 
 
 
 
[豊富な含まれる成分]

  • カリウム・・・・・ニュース記事によると通常のスポーツドリンクの10倍のカリウムを含む模様
  • マグネシウム
  • カルシウム

 
 


 
[主なココナッツウオーター愛飲モデル、著名人]
 
  • 大屋夏南
  • 立野リカ
  • 湊ジュリアナ
  • ケリー・・・・・ブラジルではココナッツの実からフレッシュココナッツドリンクを飲んでいる
  • ノーマ
  • 押切もえ
  • 武智志穂
  • 安田美沙子(タレント)
 
*その他多数。
 
 
 


 

ココナッツミルクとココナッツウォーターの違い

 
 
ココナッツの実の中身に関する公式的な情報はなかなかないものの、
各情報を分析する限り、
 
■ココナッツウォーター= 果肉の内側にある透明の水のような液体(果汁)
■ココナッツミルク= 一番内側にある果汁ではなくて果肉を絞ったりして作るミルク状の液体
 
 
ということのようです。
 
人気ユーチューバーのセイキンさんの映像をみても、
ココナッツに穴を開けるとまず透明状の液体が出てくるので、これがココナッツウォーターと思われます。
 
 
 
*ただし、他のココナッツの実の中身に関する一般投稿映像では、
ノコギリのようなもので硬いココナッツの実を2つに分けても液体が見つからない例もあり、
ネスレHPのココナッツミルクの定義情報にて
「ココナッツは熟すると果肉の胚乳部分の液体分がなくなり白い脂肪層に変化します。」
という説明もあるほか、熟すと中身からココナッツウォーターがなくなると説明されている例が他にもあるため、
実が熟すと胚乳(果肉)に変わるという仕組みなのかもしれませんが、
なぜ中にココナッツウオーターが入っていないココナッツの実もあるのかという点については、
今のところココナッツの実の中身に関する公式的な情報がなかなか見つからない不明です。
 
 
 
 
[販売形態の違い]

  • ココナッツウォーター= 主にペットボトルに入ってスポーツドリンク的に販売
  • ココナッツミルク= 缶詰に入って販売されているケースが大半

 
 
 


 
[某ニュース記事によるココナッツウォーター、ココナッツミルクそれぞれの定義情報]
 
ココナッツウォーター

 

成熟していない緑色のココナッツ果実の中に含まれている透明な液体で、

ココナッツジュースと同一。

 

ココナッツミルク

 

熟した殻の内側についている白い果肉を細かく粉砕して、

ココナッツジュースを加えてよく揉んで絞り出したもの。

 

 
 

ナタデココ

 
nata de coco(スペイン語)
*google翻訳によるとスペイン語でnataとは"クリーム"という意味。
 
 
 
「ナタデココ」とは、
1990年代に日本でもブームになり、ブーム終焉後もある程度の人気を保ち、
近年の健康ブームの中で再びクローズアップされてきているココナッツ関連食品で、
ココナツの汁を発酵させて作る半透明状のもの。
通常はサイコロに裁断されてジュース、フルーツなどに含める形で食される。
 
見た目はだいぶ寒天に近いものの、すぐに噛み切れる寒天と違ってかなりの歯ごたえがある。
 
 
 
 

ココナッツオイル

 
coconut oil
 
 
ココナッツオイル(椰子油)とは、
ココナッツの実の果肉から摂れる植物性の油脂のこと。
 
飽和脂肪酸を豊富に含む。