FASHION(繊維/流行)GUIDE.JP

シリアルの種類と違い

 

まずはじめに「シリアル」とは?

 
cereal
 
 
シリアル(cereal)とは、単語自体の意味は「穀物(こくもつ)」という意味で、
実質的な意味としては、「穀類を加工した食品(総称)」というような意味。
 
コーンフレークを筆頭に色々な種類の商品がある。
メーカーとしては「日本ケロッグ」が有名。
 
 
[歴史]
ケロッグHPによると19世紀末にアメリカにて栄養食として誕生。
日本でも老若男女を問わずに朝食などで食され、
中には特定保健用食品(トクホ)表示を許可されている商品もあり。
 
 
 
*「シリアルナンバー」などの言葉で知られる"serial"とは関係なし。
 
 
 
 
 

コーンフレーク(コーンフレークス)とは? [とうもろこし系]

 
cornflakes
 
「コーンフレーク(コーンフレークス)」とは、
シリアルの代表的な種類で、トウモロコシを加工したもの。
 
具体的にはトウモロコシを粗く砕いたものに砂糖などをつけ、
ローラーでつぶして薄くして乾燥させるなどの工程を経て完成。
(*詳しい作りかたまではわからないので、別の資料をご参照ください)
 
完成したものは、薄くて小さなせんべい、もしくは小さなポテトチップのような形をしている。
 
 
牛乳をかけて牛乳と一緒に食される形が推奨されており、
日本でもパンと並ぶ朝食の人気メニュー。
 
その他、パフェ類のトッピングなどとしても使用される。
 
 
 
[関連ワード]
corn= とうもろこし
flake= 薄片
 
 
 
 
 

グラノーラとは? [麦系]

 
granola
 
「グラノーラ」とは、シリアルの一種で、
ローストした麦(押し麦)やドライフルーツ、ナッツなどを混ぜ、砂糖やハチミツなどで甘みを付けたもの、とされる。
コーンフレーク同様に通常、牛乳と一緒に食される。
 
 
なお、google翻訳の定義によると、
「a kind of breakfast cereal consisting typically of rolled oats, brown sugar or honey, dried fruit, and nuts.」
となっておりこれを再び日本語に訳すと、
「押し麦、黒砂糖orはちみつ、ドライフルーツ、ナッツから成る、朝食系シリアルの一種」
といった感じ。
 
 
なお、市販品には麦のほか玄米や大豆が入ったようなものもあり。
その他、「飲むフルーツグラノーラ」といったような粉末タイプの商品もあり。
 
 
 
 
[関連ワード]

  • 押し麦= 蒸した大麦や燕麦を押しつぶして乾かしたもの
  • brown sugar= 黒砂糖

 
 
 
[市販品にて主に含まれるドライフルーツ]
 

  • レーズン
  • いちご
  • パパイヤ
  • りんご
  • マンゴー
  • パイナップル

 
 
 
[主な市販品]

  • ケロッグ「フルーツグラノラ」
  • カルビー「フルーツグラノーラ」
  • 日清シスコ「ごろっとグラノーラ」シリーズ・・・・・大豆や野菜入りタイプもあり

 
 
 
 
 

オートミールとは? [麦系]

 
oatmeal
 
oat= 燕麦(えんばく)
meal= 食事
 
「オートミール(oatmeal)」とは、
燕麦(オート麦)を粗く砕いたり平らに押しつぶしたりした、シリアルの一種。
 
通常、水や牛乳で煮ておかゆ状にし、朝食などとして食べる。
栄養価の高さが特徴とされる。
 
 
google翻訳の定義情報によると、
「meal made from ground oats, used in breakfast cereals or other food.」
これを翻訳機能で再び自動翻訳すると
「朝食用シリアルや他の食品に使用される、グランドオート麦から作られた食事。」
 
 
 
 
[関連ワード]

  • 燕麦(エンバク)= 麦の一種で、高さ50-100cm程度。別名「オート麦」
  • 麦= オオムギ、コムギ、ライムギ、エンバクなどの総称。イネ科。

 
 
 

その他

 
 

  • ミューズリー(muesli)・・・・・グラノーラの類似品で材料はほぼ同様。細かい違いは今のところ不明
  • 玄米フレーク・・・・・栄養価の高い玄米をコーンフレーク状にしたもの
  • ブランフレーク・・・・・コムギから作ったもの
  • ライスフレーク

 
 
*グラノーラとミューズリーの違いは今のところわかりませんため、
知りたい場合はネットモールなどでの市販品画像を比較したりしてみてください。