FASHION(繊維/流行)GUIDE.JP

カロテノイド(カロチノイド)の種類

 

まずはじめに「カロテノイド(カロチノイド)」とは?

 
 
carotenoid
 
 
 
「カロテノイド(カロチノイド)」とは、
主に植物界に存在し、一部の生物にも存在する、
 

  • 黄色
  • オレンジ色
  • 赤色

 
あたりの色素のこと。
 
 
大半が植物に含まれているが、カニ、鮭などの一部生物にも存在。
 
 
主に共通する特徴は抗酸化作用を持つというところで、
目(眼精疲労など)に関するサプリメントが多いことでも有名。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

主なカロテノイドの種類

 
 

  • カロテン
  • ベータカロテン(ビタミンA)
  • リコピン
  • ルテイン
  • アスタキサンチン
  • ゼアキサンチン
  • カプサンチン
  • コフキサンチン

 
 
 *このほか、マイナーなものまで含めると相当な数があるといわれる。
 
 
 
 
 

ベータカロテンとは?

 
 
 
緑黄色野菜に豊富に含まれるカロテノイドの一種。
体内にてビタミンAに変わる。
 
抗酸化作用があり。
 
 
 
 
[主なベータカロテン含有食物(野菜、植物)]

  • にんじん
  • かぼちゃ
  • ほうれん草

 
 
 
[カロテンとベータカロテンとの違い]
この点に関しては、様々な文献を見ても難しくていまいち意味合いの違いがわからないため、
説明を避けますので"カロテン"という語句との関係性は他の資料をご参照ください。
 
 
 
 
 

リコピンとは?

 
lycopene
 
 
リコピン(リコペン)とは、
スイカやトマトあたりに含有されていることで有名な赤色系の色素。
 
ベータカロテンより強い抗酸化作用があり、
ガンなどの予防に効果的とされる。
 
 
 
[主なリコピン含有食物(野菜、植物)]
 

  • スイカ
  • トマト

 
 
 
 
 

ルテインとは?

 
lutein
 
 
「ルテイン」とは、
緑黄色野菜に豊富に含まれる黄色系色素。
 
目に関するサプリメントとして、
ブルーベリー(ビルベリー)系サプリメント商品があることでも有名。
 
わかさ生活HPによると、人の体内にもともと存在するカロテノイドで、
目に関しては紫外線を吸収してボヤケなどを防止してくれる働きがあるものの、
加齢と共に減少していくため、年を増すごとに積極的に摂取することが必要なようです。
 
 
 
 
[主なルテイン含有食物(野菜、植物)]

  • ほうれん草
  • ブロッコリー
  • マリーゴールド・・・・・高純度のルテインを含む
  • にんじん

 
 
 
 
 
 
 

アスタキサンチン

 
 
astaxanthin
 
 
こちらは植物だけでなく生物(魚介類)にも含まれている赤色系の色素。
「海のカロテノイド」といわれているようです。
 
強い抗酸化力あり。
 
 
こちらもサプリメントが存在することで有名。
 
 
 
 
[主なアスタキサンチン含有食物(植物、生物)]

  • カニ
  • エビ
  • 鮭の肉
  • いくら
  • ヘマトコッカス藻

 
 
 
 
 
 
 
 

その他

 
 

  • ゼアキサンチン・・・・・トウモロコシや緑黄色野菜に多く含まれる
  • カプサンチン・・・・・赤い唐辛子などに含まれる赤色系色素。高い抗酸化作用を持つ。
  • コフキサンチン・・・・・海藻類に多く含まれる赤褐色系の色素。