FASHION(繊維/流行)GUIDE.JP

炭水化物(=糖質)

 

まずはじめに「炭水化物」とは?

 
 
「炭水化物」とは、五大栄養素の一つ。
そして「糖質」と基本的に同義語とされる。
 
具体的には、炭素と水素が結合した化合物で、脳や体を動かすエネルギー源となる。
日本の食生活においては、ご飯(米)やパンで摂取するのが一般的。
 
 
 
 
[注記]
*基本的に糖質は炭水化物のへ別称とていぎされているものの、農林水産省のHPでは
「炭水化物には消化吸収されるもの(糖質)とされないもの(食物繊維)があります」という記載があり、
「炭水化物=糖質」という完全な同義語というわけではないようですが、
別の資料によると、食物繊維は「多糖類」に入る糖質であるようです。
ただし、他の糖質とは違って消化吸収されないため"栄養素"には入らないという違いはあり。
 
 
 
 
【主に炭水化物(糖質)を多く含む食品】

  • 小麦粉(パンや麺類)
  • イモ類
  • はちみつ
  • 干しブドウ

 
 
 
 
 
 

糖質の種類(単糖類、二糖類、多糖類)

 
 
 
糖類は大きく分けて
「単糖類」
「二糖類」
「多糖類」
の3種に分類される。
 
 
*その他、「少糖類」というものもあり。
 
 
 
 
 
 
[例外情報、その他情報]
 
*3つの大きな分類のほか、「少糖類(=オリゴ糖,oligosaccharide)」という分類もあり。
ただし、農林水産省HPではオリゴ糖は多糖類扱い。
なお、オリゴとは"少ない"という意味。
その他、二糖類でも多糖類でもなく、独立したカテゴリに分類されている場合もあり。
(多糖類との細かい違いは難しいため、今のところ詳しくは不明)
 
 
*元パリコレモデルのcocoさんのブログによると、
単糖類と二糖類は分子が少ないためすぐにバラバラになる、
多数類は多数の分子がつながっているためバラバラになりにくいという違いがあり、
単糖類や二糖類を摂取すると気分の上下、 肌への悪影響などがあるため、
スイーツなどの甘いモノを食べる場合は、 多糖類を使用・摂取する形が体に良いようです。
 
 
 
 
 
 
 
 

単糖類とは?

 
monosaccharide
 
単糖類(monosaccharide)とは、
最小単位でそれ以上は分けられない糖類のこと。
 
 
 
 
【主に単糖類に該当する糖質】

  • ブドウ糖
  • 果糖

 
 
 
 
 

二糖類とは?

 
google翻訳による英訳= disaccharide
 
 
「二糖類」とは、
砂糖に代表される、単糖類が2つ結合したもの。
 
 
 
 
 
【主に二糖類に該当する糖質】

  • 砂糖(ショ糖が主成分)・・・・・最も身近な糖分で含蜜糖(黒砂糖など)と分蜜糖に分類される
  • 乳糖
  • 麦芽糖

 
*含蜜糖(黒砂糖など)のほうが体に良いとされる。
 
 
 
【主に二糖類を摂取できる食品】
 

  • 砂糖含有の食品、菓子、ドリンク







多糖類とは?

 
polysaccharide
 
 
「多糖類(polysaccharide)」とは、
多数の単糖類が結合したもの。
 
バラバラになりにくいため、これを含むものを摂取するのが体にいい模様。
(詳しくは分析中です)
 
 
 
 
【主に多糖類に該当する糖質】
 

  • 澱粉(でんぷん)
  • セルロース
  • グリコーゲン
  • △食物繊維・・・・・消化はされないので体のエネルギーにはならない(栄養素ではない)

 
 
 
【主に多糖類を摂取できる食品】

  • 米(ご飯)
  • イモ類
  • 麺類(うどんやそうめん)

 
 
 
 
[多糖類かどうかわからないもの]
△水飴・・・・・澱粉から作られる透明の液体と固体の中間的な固まり具合の飴。多糖類か今のところ不明