FASHION(繊維/流行)GUIDE.JP

「アパレル業界」と「ファッション業界」

 

まずはじめに

 
日本においては、
 
「アパレル」
「服飾」
「流行(英語で"fashion")」
「ファッション」
 
といった言葉はかなりあいまいな使われ方をしているため、
どこまでが「アパレル業界」でどこまでが「ファッション業界」であるかは、
 
  • 単語(英単語)の本来の意味から考える
  • 昔に作られた辞書に載っているような定義を軸に考える
  • もともとの定義に加えて、最新の単語の一般的な使われ方・解釈を加味して考える



といったように、「fashion=流行」という意味ということもあり、時代の流れで意味合いが変わっていったり、考え方によって解釈がかなり分かれるところなので、このページ以外ではだいぶ違う説明がされている辞書、資料ページなどもあります。
他の解釈も参考しながら総合的にご自身で解釈なさってみてください。



図解入門業界研究 最新アパレル業界の動向とカラクリがよーくわかる本[第3版]【電子書籍】[ 岩崎剛幸 ]

 

発売日:

2014年10月09日

 
 

1秒でわかる!アパレル業界ハンドブック(完全版)【電子書籍】[ 佐山周,大枝一郎 ]

 

発売日:

2013年05月02日

 

 
 

 

ファッション販売2014年4月特大号[電子書籍版]

 

[商品説明]

今月号は、1冊丸ごと「ファッション業界入門」です。接客、仕事内容、基本用語、業界の現状の4部構成で、ファッションビジネスの基礎知識を収録しました。


 

 

アパレル業界とは - 単語の本来の意味からの解釈

 
"apparel"とは、
「衣料」「衣服」「既製服」というような意味。
 
そして、Yahoo辞書の各辞書などでも「アパレル産業」の定義の説明として
「衣料品産業(主に製造分野)」などと説明されている。
 
 
そういったことを前提にすると基本的には「アパレル業界」とは、
製造(デザインや縫製)分野を中心とした「衣料品」業界ということになるようなので、
 
 

  • アクセサリー(バッグ含む)・・・・・この分野は扱う商品による
  • 腕時計
  • ファッション雑貨
  • 家具・インテリア

 
このあたりは基本的には「アパレル業界」には含まれない。
 
 
 
 
 
 
 
[繊維分野、小売り分野はアパレル業界に入るのか?]
 
衣料製造に使う、糸作りや布作りを担う「繊維業界」「テキスタイル業界」に関しては、
解釈によるものの、アパレル業界には入らないという考えかたのほうが大勢である模様。
 
そして、製造された衣料品を仕入れて店で売る「衣料品小売り業界」に関しても、
アパレル業界に入るかは様々な解釈があるようです。
 
断言はできないので、他の資料なども参考にしてみてください。
 
 
 
 
 
 
[アパレル商品かどうか微妙なもの] 
 

  • バッグ・・・・・布製バッグに関して。
  • 帽子
  • ストール(マフラー)

 
*バッグ、帽子をはじめとしたアクセサリーに関しては、
「アパレル商品」に入るのか解釈が分かれるものの、
レザーやプラスチックや金属ではなく布(生地)から製品が作られる製品はアパレル商品に分類されると思われる。
 
 
*良品を自社製造販売するユニクロのように、自社製造バッグを製造・販売するサマンサタバサあたりも「SPA企業(Speciallity store retailer of Private label Apparel)」に分類されるので、布製バッグはアパレル商品に入るほか、それを製造するSPA企業はアパレル業界の一部に入る模様。
 
 
 
 
 
 

ファッション業界とは

 
 
"fashion"とは「流行」というような意味であり、
「衣料」「洋服」という意味ではない。
 
 
そのため、「アパレル業界」が基本的にファッション業界の中の「衣料業界」を指すのとは違い、
「ファッション業界」という言葉は、
 

  • アパレル(衣料)
  • バッグ
  • 帽子
  • ジュエリー・アクセサリー
  • 腕時計
  • ファッション雑貨・・・・・「プラザ(Sony Plaza)」など
  • 家具・インテリア・・・・・「フランフラン」など

 
 
このあたりの、
流行や装飾性を意識しながら、人やその人の身の周り(部屋など)を装飾する業界全般
といったところ。
 
ただし、インテリア・雑貨や家具分野に関しては、小売り分野を指す意味合いが強い模様。
(例えばフランフランの家具に使う木を切る分野まではファッション業界には入らない)
 
 
 
 
 
[微妙なポジションのインテリア、家具、雑貨業界]
 
「雑貨」や「家具・インテリア」業界あたりは微妙な部分があり、
「流行」を追いかけているところとベーシックなものを販売しているところがあり、
流行に敏感でオシャレなものを販売する「フランフラン」あたりはファッション業界に含まれるものの、
ベーシックでシンプルな定番家具・インテリアなどを販売する分野は、
基本的には「ファッション業界」には含まれない。
 
 
 
 
 
 

その他資料

 
 
アパレルウエブというサイト内に
「アパレル業界」に関して説明されているページあり。
 
http://www.apparel-web.com/job/convenience/
 
 
 
 

[用語集カテゴリ]

 
[各種ショッピング情報]

 
 
[衣料系用語(繊維/服飾)]