TOP(www2) > 各繊維製品,部位の種類・違い解説 > ユニクロ「ヒートテック&極暖」と、GU「GU WARM(&WARM EXTRA)」の違い

ユニクロ「ヒートテック」とGU「GU WARM」

ユニクロ「ヒートテック」とは?

 

 

ユニクロの「ヒートテック」とは

2003年の発売以降、どんどん機能が増えて毎年大ヒットしている、

ユニクロの防寒インナー商品。

 

男女商品にて機能に差あり。

 

また、近年ではインナーから発展し、

Tシャツ、パンツなどのアウターウェア商品「ヒートテックウエア」というシリーズもあり。

 

 

 

 

【歴史】

2003年にユニクロが発表した秋冬向け機能性インナーウエア。

春夏のエアリズム(AIRism)と並ぶユニクロの猛プッシュ商品群で、

ユニクロが目指す最高の日常着(LifeWear)の代表的な商品。

 

東レとの協業により毎年機能性がアップしたものを市場に投入し、

日本はもちろん世界中で大ヒット。

 

アンケートでも日本国民の認知度や保有率が極めて高いほか、

満足度もかなり高い数値を記録していることが判明している。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ユニクロ「ヒートテック・極暖(EXTRA WARM)」とは?

 

ユニクロの

「ヒートテック・エクストラウォーム(極暖)」とは。

 

 

編み地と起毛に改良を重ね、

保温性を1.5倍にまで引き上げたハイグレードシリーズ

 

こちらはさらに極寒状況に対応するため、

初冬や早春ではなく真冬向け、もしくは普段より寒い環境下向け。



通常商品の2倍から3倍の値段するわけではなく、

2016年時点では保温性同様に価格は基本的にヒートテック商品の1.5倍くらいの価格

 

 

メンズはインナーシャツやタイツを販売。

ウィメンズはインナーシャツ、レギンス、ルームウェアなどを販売。

その他キッズにも対応。

 

 

 

 

 

 

 

GU「GU WARM」「GU WARM EXTRA」とは?

 

 

GU「GU WARM」とは、

ユニクロの姉妹ブランドであるGUから発売されている防寒インナー系商品。

価格が安いだけ少しグレード(機能)ではヒートテックに劣る模様。

 

そして、ヒートテック同様にGU WARMも男女商品にて機能に差あり。


2016-2017商品は790円が基本価格で、

全体的な価格帯は500円から1000円くらい。

 

 

 


 

 

[GU WARM EXTRA]

裏地の起毛により、保温性が1.5倍になった商品。

ヒートテックにおける極暖商品のようなハイグレード商品。

価格に大きな違いはないものの「GU WARM」商品よりわずかに高価格。


ただし、商品数は少ない。

 

 

 

 

ジーユー オンラインストア

ジーユー オンラインストア

 

 

 

 

 

「ヒートテック」と「GU WARM」 メンズ商品の比較

 

項目

ユニクロ

「ヒートテック」

GU

「GU WARM」

2016-2017年

秋冬商品の機能

  • 発熱
  • 保温
  • 吸放湿
  • 吸汗速乾
  • 消臭
  • 抗菌
  • ストレッチ
  • 風合い(なめらかな肌触り)
  • 静電気防止
  • 保湿(NEW)

 

*2015年から2016年に

かけての進化は「保湿」機能。

 

*上記はメンズ機能。

男女商品で機能差があり、

ウィメンズは

「吸汗速乾」「消臭」機能なし

 

 

 

  • 吸湿発熱
  • 吸水速乾
  • ストレッチ
  • 形状保持
  • 静電防止
  • 抗菌防臭
  • 部屋干し対応
  • 保温

 

*機能ではヒートテックに

少し劣る模様


*ウィメンズは

「保湿」機能もあり。

 

*上記機能は

「GU WARM」の機能で

「WARM EXTRA」とは

少し違いあり。

 

 

2016-2017年

の広告モデルもしくは

それに近い人物

Perfume

高良健吾

内田有紀

中条あやみ

主な商品

 

  • シャツ類
  • タイツ
  • ボクサーブリーフ
  • ステテコ
  • ソックス
  • ニット商品(トップスや帽子)
  • ズボン
  • マフラー
  • 手袋
  • イヤーウォーマー

 

など

 

  • Tシャツ(アウター)
  • シャツ(インナー)
  • レギンス 
価格帯

 

 

700円から1500円くらい

 

*一部極暖商品は1990円

 

*ヒートテックウェア

(アウター衣料品)は

3000-5000円

 

 

 

790円から990円

 

*790円商品が大半

 

派生商品

(やや高額)

 

極暖

(HEATTECH EXTRA WARM)

 

*特に寒い日向け

 

GU WARM EXTRA

 

 

 

 

 

 

 

 

「ヒートテック」と「GU WARM」 ウィメンズ商品の比較

 

項目

ユニクロ

「ヒートテック」

GU

「GU WARM」

2015−2016年

秋冬商品の機能

  • 発熱
  • 保湿
  • 保温
  • 抗菌
  • ストレッチ
  • 風合い(なめらかな肌触り)
  • 静電気防止
  • 形状保持

 


 

 

[メンズ商品との違い]

「保湿効果」がウィメンズにはある

 

 

 

  • 吸湿発熱
  • 形状保持
  • 吸水速乾
  • 静電防止
  • ストレッチ
  • 抗菌防臭
  • 保湿
  • 部屋干し対応
  • 保温

 

 


 

 

[メンズ商品との違い]

「保湿効果」がウィメンズにはある

 

 

 

2015−2016年

の広告モデルもしくは

それに近い人物

萬波ユカ 波瑠
主な商品

 

 

  • シャツ
  • キャミソール
  • タンクトップ
  • ルームウエア
  • レギンス(タイツ)
  • ソックス
  • ジーンズ
  • ニット帽子
  • 手袋
  • ネックウォーマー
  • マフラー
  • イヤーマフラー

 

 

  • シャツ
  • タンクトップ
  • レギンス
  • ソックス
価格帯

 

500-1500円くらいが中心

 

*アウター系衣料シリーズは

2000-5000円くらい

 

 

590円−990円

(790円商品が中心)

 

派生商品

極暖

(HEATTECH EXTRA WARM)

GU WARM EXTRA

 

*ヒートテックの、ウィメンズ商品の2014−2015からの進化= マイクロ繊維を使用し、なめらかに肌触りに進化。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

違いまとめ

 

 

 

[違いまとめ]

  • 価格に差があり
  • 価格の分だけ機能に少し差があり
  • 展開している商品ジャンルの量に差があり
  • それぞれの広告モデル的な人物が違う

 

 

 

 

 

 

こちらからユニクロオンラインストアにも入れます(合算して注文可能)

ジーユー オンラインストア

ジーユー オンラインストア

 

 

 

 

 

 

 

 










[総合トップページ(http://fashion-guide.jp/)に戻る]


[サイトマップはこちら]


Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索





[競合企業,ブランド比較(衣料系)]

[競合企業,ブランド比較(食系)]


[競合企業,ブランド比較(住/生活系)]


[競合企業,ブランド比較(東京の様々な店/場所,etc)]
このサイトのアクセスの50%占める首都・東京の様々な競合の比較




このページの先頭へ戻る