各種セーター商品の解説

ニット商品の基礎知識

 

 

 

[主なニット商品と簡単な説明]

 

 

セーター =

定義的にはニットトップス商品全般の総称であるものの、

実際の意味としては、厚手のニット生地で出来た、被って着るタイプのニット商品を指す。

 

 

カーディガン =

前開きボタン留め型の厚手のニット素材で出来たニット商品

 

 

カットソー =

薄手の2枚のニット生地をカットしてソーン(縫い合わせた)だけの簡単衣料

 

 

 

 

楽天市場「セーター」売上ランキング

 

 

 

 

 

 

 

ざっくりニットとは?

 

近年、テレビでもよく取り上げられたりすることがある

「ざっくりニット」とは。

 

おおまかにいうと

太く粗い毛糸を用い、大さっばに編んだニット商品」のこと。

Tシャツ、カットソーなどの細い糸にてきめ細かく編んだニット生地商品とは対極にある商品。

 

なお、辞書にて「ざっくり」という言葉を調べると、

編み物における「ざっくり」という単語の説明としては、

"生地の編み目や手触りが粗いさま"といったように解説されている。

 

 

商品の外観的な特徴としては、

メッシュのごとくおおざっぱな編みかたでルーズな雰囲気のものや、

編み目はメッシュほどではないものの全体的な雰囲気はルーズな感じのものが基本。

 

 

ウィメンズ商品中心ながら、メンズ商品もあり。

 

 

 

WEAR ざっくりニット

 

 

 

 

 

 

[典型的な実例]

Amazon:ナナコレクション ざっくりニット

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カウチン・セーター(cowichan sweater)とは?  北米動物(トナカイなど)柄が特徴

 

 

 

カナダの先住民族「カウチン族」が作り上げてきた伝統工芸衣料が名前の由来。

 

羊毛糸と、アメリカ杉の皮繊維を混紡した糸を使用した防寒性が高いセーター。

カナダに住んでいるような動物柄(トナカイなど)や幾何学模様が入っていることが特徴。

 

ノルディックと違い、雪の結晶など雪関連の柄は基本的に入らない。

 

 

 

 

[典型的な実例]

Amazon:KANATA カウチンセーター(ジップアップ式)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ノルディックセーターとは? 雪の結晶柄が特徴

 

 

 

北欧・ノルウェイ発祥のセーターで、雪がたくさん降る地域のため、

雪の結晶の柄が入っているアイテムが大半であることが特徴。

 

その他、北欧樹木柄、カウチンセーターのようにトナカイなどの北欧系動物の柄や

ダイヤモンドダストをイメージしたようなダイヤ柄が入っているものもあり。

 

北米寒冷地発祥のカウチンセーターと同じく、

こちらも寒い北欧系の伝統衣服のため、防寒性が高い。

 

 

 

 

[典型的な実例]

以下のような雪の結晶的な模様があり。

Amazon:ノルディック柄セーター

 

 

 

 

 

[別パターン]

湯派が舞う形式を模様で表した少数派タイプ。

Amazon:Spinas メンズノルディック柄セーター

 

 

 

 

 

 

 

 

カシミア(カシミヤ)セーターとは? − 高級素材「カシミア」使用商品のこと

 

 

 

カシミア(Cashmere)とは?

インドのカシミール地方で誕生し、現在では中国奥地やモンゴル・イランなどの

標高の高い寒冷地域に生息する

「カシミア山羊(やぎ)」から採取された羽毛素材の事。

 

そのカシミア素材を使用したセーターが「カシミアセーター」で、

柔らかい肌触りで、保温性や吸湿性が高いところがポイント。

 

 

1枚のカシミアセーターを作るのに約4頭分の羽毛が必要なため、

「繊維の宝石」とまで呼ばれ、以前は高級セーターの種類として知られていたが、

日本のユニクロが格安のカシミアセーターを販売すると、空前の大ヒットを記録。

以降、日本ではユニクロが高品質で低価格の商品を発表し、定番商品として売れ続けている。

 

日本カシミア協会

 

 

【カシミアで有名なメーカー】

ユニクロ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アルパカセーターとは? 高級セーター

 

 

 

アルパカ(alpaca) =

ペルー・チリといった南米・アンデス山脈高地の、昼と夜の気温差が激しい地域原産の「目ラクダ科」の動物。

アンデス高地(標高3000m以上)では衣料用家畜として古くから飼われてきたと言われている。

 

アルパカセーターとは、その厳しい寒暖差を生き抜くアルパカの羽毛を使用した高級セーターのことで、

保温性の高さ・通気性の良さといった冷暖両対応なところや、肌触りの良さ・毛玉ができにくいことなどが特徴。

 

 

 

 

 

 

 

チルデンセーターとは?

 

 

 

 

簡単な一行説明 = Vネックに、「赤と紺(主に)」のラインが入ったセーターのこと

 


 

詳しい説明

 

チルデン = tilden

 

1920年代に活躍したアメリカのテニスプレーヤー

「ウィリアム・チルデン」選手が名前の由来となっている、

"アイビー(IVY)ルック"の代表的なアイテムの一つとなっている商品。

 

形状的な特徴としては、Vネックで、首の生地に沿って

基本的に「赤と紺」のラインが入ったタイプのセーター。

ただし、「黄色と紺」のラインが入ったものなども"チルデンセーター"という名称で販売されている。

 

なお、首回りだけではなく、裾周りや手首周りにも同じ2本ラインが入ったタイプも多い。

 

 

 

同類商品

チルデンカーディガン = チルデンセーターの前開き版

 

 

WEAR 「チルデンニット」カテゴリ

WEAR  「チルデンセーター」カテゴリ

 

 

 

 

 

[典型的な実例]

以下のように赤と紺のV型のラインが入っている

Amazon:Wooden Doll 7ゲージ Vネック チルデンニット(セーター)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 










[総合トップページ(http://fashion-guide.jp/)に戻る]


[サイトマップはこちら]


Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索





[競合企業,ブランド比較(衣料系)]

[競合企業,ブランド比較(食系)]


[競合企業,ブランド比較(住/生活系)]


[競合企業,ブランド比較(東京の様々な店/場所,etc)]
このサイトのアクセスの50%占める首都・東京の様々な競合の比較




このページの先頭へ戻る