TOP(www2) > わかりやすい「素材解説(生地,繊維)」 > ツイードの意味と種類(ハリスツイード、シャネルツイードなど)

ツイードの意味と種類

まずはじめに「ツイード」とは?

 

 

簡単な一行説明=

短い羊毛などを紡いで作られた太く粗い糸を使った、表面が粗っぽい雰囲気&分厚く防寒性の高い毛織物

 

 

 


 

 

詳しい説明

 

ツイード=tweed

 

ツイードとは、羊の短い毛やくず糸などで作った「紡毛糸」を用いて織られた、粗っぽい表面の毛織物のこと。

紡毛糸で織られた「紡毛織物」の代表的な存在。

(「紡毛糸」とは、短い羊毛など、短い糸を紡いで作った、粗っぽく温かい雰囲気を持つ糸のこと)

 

暖かく防寒性が高いことが特徴で、基本的には秋冬系の素材。

フリース商品よりも高級感がある冬用のコート、ジャケットの素材などとして人気。

 

 

生地の発祥はイギリス(UK)

 

織り方は綾織りや平織り。

綾織の変化形「杉綾織(ヘリンボーン)」のタイプもあり。

 

使用繊維に関しては、基本的には毛織物であるものの実際には毛以外の天然・化学繊維が使用されており、

日本での市販品は、ハリスツイード以外のツイード生地は毛を使用しているものは多くない。

 

 

 

 

 

【生地の表面】

ならめかな肌触りのシルクが絹豆腐とすると、対照的に木綿豆腐のような生地表面。

 

毛羽立っているため生地の表面が見えないフランネルのような毛織物と違い、

起毛を行わないので基本的には織り目がよく見えるのが特徴。

(ハリスツイードはかなり粗く毛羽立っていて、柄によってはフェルト的に見える生地もあり)


 

 

 

 

【ツイード生地の主な特徴】

  • 防寒性が高い
  • 基本的に生地が分厚い
  • 使用される糸が太い
  • 使用される糸が粗っぽい(例えばシルクとは真逆)
  • 太く粗い糸で織るので生地表面も粗っぽい
  • 起毛はしないので織り目は基本的にはっきりしている

 

 

 

 

【ツイード(tweed)という生地名の由来】

英語で「綾織」を意味する"twill"が、英国圏内で間違って"tweel"というスペルで伝わり、

その後、さらにイングランドとスコットランドの間を流れるツイード川(River Tweed)という川があるため、

それにより"tweed"と言う生地名であろうと間違って伝わって販売されていき、tweedとなったというような説が有力。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

[移転案内]

このページはwww2がはずれ、

http://fashion-guide.jp/fiber-fabric/

内に移転しました。

 

[直接移転先ページに移動したい場合]

各ファイル名は同じなので、直接該当ページにアクセスしたい場合は、

現在のアドレスから

www2.

を外したアドレスを入力すると移転先に直接つながります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 










[総合トップページ(http://fashion-guide.jp/)に戻る]


[サイトマップはこちら]


Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索





[競合企業,ブランド比較(衣料系)]

[競合企業,ブランド比較(食系)]


[競合企業,ブランド比較(住/生活系)]


[競合企業,ブランド比較(東京の様々な店/場所,etc)]
このサイトのアクセスの50%占める首都・東京の様々な競合の比較




このページの先頭へ戻る