サテン(サテン生地)

サテンとは?

 

簡単な1行説明=

サテン=朱子織物の総称で、朱子織りの特徴が活かされた滑らか(すべすべ)で光沢感のある生地の総称。

 

 


 

 

詳しい説明

 

 

サテン(サテン生地)とは・・・・・。

 

「平織り」「綾織り(斜文織り)」と並ぶ織物の基本組織である

「朱子(繻子)織り」で織られた、「朱子織物」の"総称"を意味する。


例えば、デニム生地など多数ある綾織物の総称が「ツイル(twill)」と呼ばれるのと同じ要領。

 

 

種類を細かく分けると絹製の「シルクサテン」や綿製の「コットンサテン」に分類される。

 


*正確に言うと「satin」ではなく、「satin weave」で"朱子織り(織物)"を意味すると思われる。

(weaveとは、"織る"という意味)




 

本来は絹織りの生地であったとされるが、

現在では、綿、絹などの天然繊維をはじめ、ポリエステルなどの化学繊維まで原料は様々。


絹100%のものは商品名に「シルクサテン」と入ったり、

綿100%のものは商品名に「コットンサテン」と入ったりしているものの、

複数繊維の混紡品や、化学繊維を使用したタイプは商品名に「サテン」という総称ワードが入っている例が多い。

 

 



【朱子(繻子)織りの定義とは?】

たて糸とよこ糸が交互に交差する丈夫な織り方の「平織り」と比べると頑丈さはないものの、

交差が少ないため、滑らかで光沢感のある生地が出来上がるのが特徴。


 


【サテン生地の主な種類】

  • 絹(シルク)サテン=本繻子(朱子)、英語では"satin"。
  • 綿(コットン)サテン=綿繻子(朱子)、英語では正確には"sateen"。

 

 


【朱子織り(satin weave)の基本的な構造】

 




おおまかにいうと、こちらの拡大図の例で説明すると、

5マスに1回のペースで 黒糸が現れ(白糸と交差)、

4/5の確率で黒糸が下に隠れているような状態。

そのため、上記の例でいうと白が目立つ生地になる。

 

「線」は続いていないが、「点」が規則的に斜めに並ぶ。

 

 

 

 




【比較材料として、以下は平織りの構造】


平織りは、以下のような頑丈な織り方(たて糸とよこ糸が交互に交差する)

朱子織物とは構造が明確に違う。


なお、ギンガム、オーガンジー、シャンブレーあたりが平織物の代表格。












 

 

 

[移転案内]

このページはwww2がはずれ、

http://fashion-guide.jp/fiber-fabric/

内に移転しました。

 

[直接移転先ページに移動したい場合]

各ファイル名は同じなので、直接該当ページにアクセスしたい場合は、

現在のアドレスから

www2.

を外したアドレスを入力すると移転先に直接つながります。

 

 

 

 

 

 

 










[総合トップページ(http://fashion-guide.jp/)に戻る]


[サイトマップはこちら]


Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索





[競合企業,ブランド比較(衣料系)]

[競合企業,ブランド比較(食系)]


[競合企業,ブランド比較(住/生活系)]


[競合企業,ブランド比較(東京の様々な店/場所,etc)]
このサイトのアクセスの50%占める首都・東京の様々な競合の比較




このページの先頭へ戻る