TOP(www2) > わかりやすい「素材解説(生地,繊維)」 > [違い比較] 綿(コットン)と絹(シルク)

綿(コットン)と絹(シルク)の違い

 

 

このページは、

いまいちわかりづらい、漢字が似ている天然繊維


  • 綿(=コットン)
  • 絹(=シルク)

 

を比較すると、何がどう違うのかを解説したページです。





綿(コットン)とは?

 

cotton


綿(コットン)とは

合成繊維のポリエステルと並び、衣料品需要(使用率)の高い繊維。

綿100%で使用されるほか、ポリエステルなど様々な繊維と混紡されて使用されている。



アオイ科ワタ属の「ワタ(棉)」に分類される植物の綿花からとれるワタのことを「木綿(木綿ワタ)」と言い、

木綿(木綿ワタ)を紡いで作られた糸のことを木綿糸という。


そして、木綿(綿)や綿布を英語で言うと「コットン(cotton)」。

 

 

 

【綿(木綿)の主な特徴】

  • 丈夫
  • 吸水性が高い
  • 吸湿性が高い
  • 肌触りが良い
  • コストが安い

 

 

 

楽天市場内の「綿生地(無地)」最新売上ランキング

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

[移転案内]

このページはwww2がはずれ、

http://fashion-guide.jp/fiber-fabric/

内に移転しました。

 

[直接移転先ページに移動したい場合]

各ファイル名は同じなので、直接該当ページにアクセスしたい場合は、

現在のアドレスから

www2.

を外したアドレスを入力すると移転先に直接つながります。

 

 

 

 

 

 

 










[総合トップページ(http://fashion-guide.jp/)に戻る]


[サイトマップはこちら]


Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索





[競合企業,ブランド比較(衣料系)]

[競合企業,ブランド比較(食系)]


[競合企業,ブランド比較(住/生活系)]


[競合企業,ブランド比較(東京の様々な店/場所,etc)]
このサイトのアクセスの50%占める首都・東京の様々な競合の比較




このページの先頭へ戻る