コードレーン(コード織り)

コードレーンとは?

 

簡単な一行説明=

縦方向に細かいウネが表れた、白と染色糸(主に白と青)の組み合わせによる細かいストライプ柄系の生地

 

 


 

詳しい説明

 

cordlane

 

 

「コードレーン」とは、

 

  • たて糸= 先染めの細い染色糸と太く白い糸を交互に配置
  • よこ糸= 細く白い糸


という糸の組み合わせにて、平織りで織られた縦方向のウネがある綿織物のことで、

白と染色糸の組み合わせのため、細かいストライプ柄状になるのが特徴。

別称は「コード織り」。


白と青の爽やかな組み合わせが中心ながら、白と別の色の組み合わせもあり。



"紐(ひも)"というような意味合いのcordが、

lane(小道)のように縦に表れるというのが名前の由来。

 

 

*もともとはどこかの企業の商標名だったという説あり。

 

 

 

 

 

モール内で生地表面拡大図が見たい場合はこちらから

楽天市場 > 手芸・クラフト・生地 > 「コードレーン 生地」の検索結果

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コードレーン(コード織り)の特徴

 

 

  • 平織りで織る
  • 縦方向のウネがある・・・・・ウネがあり肌に完全に密着しないので夏向き
  • ストライプ柄系の生地である
  • レーンの幅は1mmくらいが基本のようです
  • 白と青のストライプ柄になっているものが多い
  • 白と青の組み合わせが多いので爽やかなイメージ(清涼感あり)
  • デニム同様に先染め生地のため、色が落ちにくい
  • ハリ感あり
  • 主に夏向け
  • ブロードより厚い生地・・・・・すべてがそうかは不明

 

 

 

 

コードレーン素材が用いられる主な製品

 

 

  • テーラードジャケット
  • スラックス
  • シャツ
  • ハーフパンツ
  • 帽子
  • スリッパ
  • バッグ

 

 

 

 

 

主な使用繊維パターン

 

  • 綿100%
  • 綿 + ポリウレタン少々
  • △レーヨン + ナイロン + 綿 + ポリウレタン・・・・・ストレッチ系素材

 

 

*綿100%がケースが大半。

*ポリウレタンとは伸縮性を高めるためのストレッチ素材。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コードレーンとデニムの違い

 

 

コードレーン以外の先染め綿織物というと「デニム生地」が有名であるものの、

コードレーンは平織りであるのに対しデニムは綾織りで斜めに線が表れる、

デニム(デニム商品)は春夏だけでなくすべての季節に対応する、

といったところあたりが主な違いと思われます。

 

 

 

 

 

 

 

 










[総合トップページ(http://fashion-guide.jp/)に戻る]


[サイトマップはこちら]


Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索





[競合企業,ブランド比較(衣料系)]

[競合企業,ブランド比較(食系)]


[競合企業,ブランド比較(住/生活系)]


[競合企業,ブランド比較(東京の様々な店/場所,etc)]
このサイトのアクセスの50%占める首都・東京の様々な競合の比較




このページの先頭へ戻る