TOP(www2) > 繊維企業情報 > クラボウ(倉敷紡績株式会社)

クラボウ(倉敷紡績株式会社)

クラボウの概要

 

 

会社名

倉敷紡績株式会社

("クラボウ"が正式会社名扱い)

 

クラボウ公式HP

 

 

 

所在地

大阪本社=大阪市中央区久太郎町2-4-31

東京本社=東京都中央区日本橋本町2-7-1-2F

 

 

 

 

会社の歴史(事業紹介ビデオなど参考)

 

明治時代、米と綿花のほかには何の産業も発達しておらず、

苦しい状況だった岡山県の倉敷村の現状を打破すべく、

木村利太郎、小松原慶太郎、大橋沢三郎という3人の若者が紡績工業を起こすことを決意し、

現地の有力者、大原孝四郎などの出資を受け、

明治21年(1888年)に「有限責任 倉敷紡績所」として設立。

初代の頭取には大原孝四郎が就任する。

 

1893年に「倉敷紡績株式会社」に改称。

1895年から綿糸の輸出を開始。

 

1906年(明治39年)、大原孝四郎の三男である大原孫三郎(まごさぶろう)が2代目社長に就任。

孫三郎の社長就任以降は経営の多角化が始まり、

 

  • 倉敷絹織(現クラレ)・・・・・1926年設立。レーヨン事業
  • 倉敷発電所
  • 倉敷銀行(現株式会社中国銀行)

 

など様々な事業を開始。

 

明治末期には現在の本社がある大阪にも進出。

 

1944年には一度「倉敷工業」に社名変更するも、2年後には元の社名に戻る。

 

 

 

1960年代以降はさらに事業分野が拡大していき、

化成品事業(化学品事業)、エンジニアリング事業、水処理事業などが次々にスタート。

世界各地にも多数の拠点を構えるようになる。

 

1980年代以降もさらに事業拡大は進み、

エレクトロニクス事業、バイオメディカル事業などがスタート。

 

現在は、繊維事業と化成品事業で全体の8割以上の売り上げを占める。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クラボウの展開事業

 

 

事業名

2014年3月期の

売り上げの割合

具体的な事業や商品などの情報

繊維事業

54.1%

(894億円)

ユニフォーム事業、カジュアル事業、

原糸事業、デニム事業、繊維資材事業など

化成品事業

29.4%

(485億円)

自動車内装材事業、住宅建材事業、

断熱材事業、機能性フィルム事業など

不動産活用事業

3.7%

(61億円)

不動産の賃貸や自動車教習所の経営など
工作機械事業

3.5%

(58億円)

工作機械、産業機械の製造・販売
エレクトロニクス事業

2.6%

(42億円)

情報処理、調色・計量、検査・計測系の

様々な製品の開発と販売

その他事業

(エンジニアリング事業)

(バイオメディカル事業)

(食品事業)

6.7%

(110億円)

 

【エンジニアリング事業】

水処理、ガス処理装置などの製造・販売

 

【バイオメディカル事業】

遺伝子などに関する事業。

 

【食品事業】

詳細不明

 

 

 

*事業再編により、上記のデータが最新の状況とは異なる可能性があります。

最新の事業分野情報は会社HPやIR資料などでご確認下さい。

 

 

 

 

 

クラボウの業績

 

連結売上高

 

  • 2014年3月期=1652億円
  • 2013年3月期=1469億円
  • 2012年3月期=1590億円

 

 

 

営業利益

 

  • 2014年3月期=30.3億円
  • 2013年3月期=26.7億円
  • 2012年3月期=39.8億円

 

 

 

 

 

 

 

クラボウの株式情報

 

Yahooファイナンス クラボウ

 

 

 

上場市場名

東証一部

 

 

業種分類

繊維製品

 

 

上場年度

1949年

 

 

決算

3月末日

 

 

 

 










[総合トップページ(http://fashion-guide.jp/)に戻る]


[サイトマップはこちら]


Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索





[競合企業,ブランド比較(衣料系)]

[競合企業,ブランド比較(食系)]


[競合企業,ブランド比較(住/生活系)]


[競合企業,ブランド比較(東京の様々な店/場所,etc)]
このサイトのアクセスの50%占める首都・東京の様々な競合の比較




このページの先頭へ戻る