軟水と硬水

軟水とは?

 

soft water

 

 

 

軟水(なんすい)とは、

英語でいうとsoft waterといい、意味は


カルシウムやマグネシウムといったミネラル分の含有量が少ない水」の事。


通常は硬度10度以下の水を指す。

日本の水は大半が軟水で、特徴としては洗濯などに向くとされる。


 

 

 

[関連用語]

  • 硬度= 水の硬さの程度を表すもので、カルシウム値とマグネシウム値による。

 

 

 

硬水とは?

 

hard water

 

硬水(こうすい)とは、

英語ではhard waterといい、意味は


軟水とは逆に、カルシウムやマグネシウムなどのミネラル分を多量に含む水」のこと。


通常、硬度20度以上の水を指し、

特徴としては軟水と逆に洗濯には適さない。

 

地域的にはアメリカやヨーロッパに多いとされる。

 

 

 

 

[関連用語]

  • 一時硬水= 煮沸することによって軟水にできる硬水のこと
  • 永久硬水= 煮沸しても軟水にならない硬水のこと

 

 

 

硬水と軟水の違いによる主な現象

 

  • 例えば、紅茶を硬水で作ると黒っぽい色になり、日本の軟水で作ると明るく透き通ったような色になる。(DoleのHP参考)

 

*その他、バイオリニストの葉加瀬太郎さんのラジオでの話によると、

同じ茶葉をロンドンの水でいれると真っ黒な紅茶になるものの、

その茶葉を日本に持ち帰って日本の水でいれると紅い(赤い)紅茶になり、味も違うそうです。

 

 

 










[総合トップページ(http://fashion-guide.jp/)に戻る]


[サイトマップはこちら]


Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索





[競合企業,ブランド比較(衣料系)]

[競合企業,ブランド比較(食系)]


[競合企業,ブランド比較(住/生活系)]


[競合企業,ブランド比較(東京の様々な店/場所,etc)]
このサイトのアクセスの50%占める首都・東京の様々な競合の比較




このページの先頭へ戻る