TOP(www2) > 似たモノの違い(流行商品他) > 牛乳と豆乳(成分や特徴の違い)

牛乳と豆乳(成分や特徴の違い)

牛乳とは?

 

milk(cow's milk)


 

牛乳とは、名前の通り牛の乳の事。

 

生乳に加熱殺菌処理などを行ったものが市販される。

(牛乳と名乗るには乳脂肪分3%以上、無脂乳固定分8%以上を含むことが条件)

 

たんぱく質(動物性たくぱく質)やカルシウムに優れ、液体の状態で飲まれるほか、

バター、チーズ、アイス、ヨーグルトなどの乳製品の主原料としても欠かせない。

 

ただし、動物性食品のため、体に良いか悪いかという部分は意見は分かれる。

 

 

 

雪印メグミルク「ミルクの雑学」

 

 

 

[関連用語]

生乳(原乳)= 牛から絞ったばかりの無殺菌の牛乳のこと

 

 

 

 

豆乳とは?

 

soy milk

 

豆乳とは、

大豆をすりつぶし、水を加えて煮たあとに、

こして大豆を取り除いて作る見た目は牛乳に近い液体のこと。

 

なお、この豆乳に凝固剤(にがりなど)を加えて固めて出来るものが豆腐。

 

 

 

古くから牛乳の代用品として使われてきたと言われ、

近年では動物性ではなく、体に良い植物性のタンパク質を含むものとして、改めて高い注目を集めている

 

 

 

 

種類はいくつかあり、

 

  • 豆乳
  • 調整豆乳・・・・・豆乳に砂糖や香料などを加えて飲みやすくしたもの
  • 豆乳飲料・・・・・豆乳を加工した飲料(豆乳or調整豆乳が50%以上含まれているのが条件)

 

に分類される。

 

 

 

 

[キッコーマン飲料 おいしい無調整豆乳の100mlあたりの成分(2015年時点)]

  • 熱量59kcal
  • たんぱく質4.4g
  • 脂質3.8g
  • 炭水化物1.8g
  • ナトリウム0mg
  • カリウム223mg
  • カルシウム17mg
  • マグネシウム28mg
  • 亜鉛0.4mg
  • 鉄0.5mg
  • コレステロール0
  • レシチン212mg
  • 大豆サボニン49mg
  • イソフラボン34mg

 

 

 

[キッコーマン飲料 紀文 調整豆乳の100mlあたりの成分(2015年時点)]

  • 熱量59kcal
  • たんぱく質3.8g
  • 脂質3.9g
  • 炭水化物2.1g
  • ナトリウム90mg
  • カリウム167mg
  • カルシウム52mg
  • マグネシウム20mg
  • 鉄0.4mg
  • コレステロール0

 

 

 

 

 

 

牛乳と豆乳の主な違い

 

 

項目 牛乳 豆乳
原料 牛の分泌物 大豆
ふくまれるたんぱく質 動物性  植物性 

賞味期限

(消費期限)

1週間程度

 

*一部、長めの商品あり

賞味期限長め 

 

*その他の細かい違いは分析中です。

 

 

 

 

 

 










[総合トップページ(http://fashion-guide.jp/)に戻る]


[サイトマップはこちら]


Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索





[競合企業,ブランド比較(衣料系)]

[競合企業,ブランド比較(食系)]


[競合企業,ブランド比較(住/生活系)]


[競合企業,ブランド比較(東京の様々な店/場所,etc)]
このサイトのアクセスの50%占める首都・東京の様々な競合の比較




このページの先頭へ戻る