TOP(www2) > 似たモノの違い(流行商品他) > バターとマーガリン(人造バター)

バターとマーガリン(人造バター)

バターの定義とは?

 

butter

 

 

バターとは、

牛乳の中の脂肪を分離させたものに食塩を追加して固めたもの。

 

パンにつけて食べたりするほか、バター関連料理や洋菓子の材料としても欠かせない。

(なお、洋菓子類の材料としては、食塩を加えていない「無塩バター」が人気)

 

 

 

楽天市場内のバター売り上げ最新ランキング

 

 

 

 

 

 

 

マーガリンの定義・特徴とは?

 

margarine

 

 

マーガリンとは、

食用油脂に水や乳化剤を加えて練り、バター状に仕上げたもので、

固いバターと比べると柔らかく扱いやすく、バターよりも低価格。

 

19世紀のフランスにてバターの代用品として誕生し、別名は「人造バター」。


こちらはバター料理や製菓の材料にはあまり使われず、

トーストに塗って食べる形が主流だが、

クックパッドなどのレシピサイトではバターの代用品として、

洋菓子などの材料にマーガリンを使用している例もあり。



ただし、近年では安くて扱いやすいものの、

ショートニングと共に「トランス脂肪酸」が多く含まれている食品として悪名高くなっており、

少し高くてもマーガリンではなくバターを買い求めるケースが急増中。







関連書籍

Amazon:なぜ、マーガリンは体に悪いのか?

[内容紹介]

2013年11月、米国で、トランス脂肪酸に安全が認められないという決定が下された。

トランス脂肪酸はマーガリンなどに大量に含まれ、心身のあらゆる健康問題を招く。

日本では、積極的な対策を進める世界各国に大きく後れをとっており、

市販されている食品の多くがトランス脂肪酸まみれになっている。そこで、

著者がトランス脂肪酸の恐ろしさや、他にも身近にある有害物質について、警鐘を鳴らす。

健康になるための賢い食べ方も掲載。








【類似品】 ショートニング

 

パンには塗られることはなく、

パンやお菓子の材料として使用されるもの。

通常、チューブ式で販売されている。

 

 

*詳しい構造は難しくてわからないため、省略させていただきます。

 

 

なお、こちらもマーガリンと並んで「トランス脂肪酸」を多く含むものとして危険性が問題となっている。

 

 

 

 

[関連用語]

トランス脂肪酸・・・・・マーガリンやショートニングに多く含まれるもので、色々な病気のリスクを高めるものとして各国にて規制が進んでいる(詳しい解説は他の資料でご覧ください)

 

 

 










[総合トップページ(http://fashion-guide.jp/)に戻る]


[サイトマップはこちら]


Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索





[競合企業,ブランド比較(衣料系)]

[競合企業,ブランド比較(食系)]


[競合企業,ブランド比較(住/生活系)]


[競合企業,ブランド比較(東京の様々な店/場所,etc)]
このサイトのアクセスの50%占める首都・東京の様々な競合の比較




このページの先頭へ戻る